茜のお食事と和紙貼りの箱・しき板展
0
    2012年12月15日〜17日、佐倉市の「料理とワインの庄 茜」で開催した展示会の写真です。多くの方にご来場いただきありがとうございました。マダムの創作料理、茜の皆様に心から感謝申し上げます。3日間のイベントに向けて心を込めた美しくとてもおいしいお料理、幸せなおもてなしをしてくださいました。

    いらしてくださったみなさまからも感謝のメールをいただきました。一部ご紹介しております。


    お店の入口と案内版


    ごあいさつカード。京都で買い求めた唐長の「小松葉」文様の紙を使いました。


    入口正面からの写真。右側に出雲雲紙の茶箱、洗朱の和紙貼りのしき板に同色の八角箱、直接水を入れ花飾り、正面の雛段には八角箱、小物入れ。


    友禅模様のしき板など。





    入口近く、和紙貼りの八角箱大に、バラの花、華やぎ



    茶箱、花を生けた洗朱の八角箱としき板、滑りにくい和紙貼りのコースター、和紙貼りのノートとスケジュール帳、出雲民藝紙の1/8カット紙(A4よりちょっと大きめ)


    茶箱は5kgタイプ、蓋を補強し実用性とインテリアを兼ね備えた収納箱




    直接水を入れて花器として気軽に使えます。

    滑りにくく、水をはじくコースターはとても好評でした。






    千葉県立八日市場特別支援学校 高等部 紙漉き班の手漉き和紙で作った、わみんぐのしき板・箱などの包装袋など紹介


    飾り棚においた茶箱と花を生けたウコン色の八角箱としき板。茶箱の花柄の和紙は越前で買い求めました。蓋と本体の柄あわせにパソコンを活用しました。


    大きなテーブルの中央に、花を生けたウコン色の八角箱としき板


    各テーブルにセットされた色々な和紙貼りの両面仕様のしき板
    -------------------------------------------------------

    いらしてくださった皆様からも感謝のことばをいただきました。一部ご紹介いたします。

    ★ 茜はほんとに素敵な雰囲気のお店でした。案内されたテーブルに置かれた藤色の和紙貼りの敷板、私の好きな色で、心のこもったほんとに優雅なお食事をいただけました。育児などの生活の中で久しぶりでとっても有り難い貴重な時間でした。茜のマダムにどうぞよろしく嬉しかったことをお伝えください。子どものお迎えもあり、早々に失礼しましたが、楽しい余韻が続き、幸せでした。また、いかせてもらいたいと思ってます。本当にありがとうございました。

    ★ マダムの創作料理、心のこもった丁寧でおいしいお料理と“わみんぐ”の作品を拝見できて、またすてきな方々にお会いできて、充実した時間を過ごすことができました。

    ★ 料理もとても美味しくて、落ち着いたインテリアで素敵なお店でした。街の中に溶け込んだイメージが良いですね。展示会の方も盛況で、活気が伝わって来ました。テーブルに置かれたいろいろな色のしき板も、料理が映えてよい感じです。


    しき板にお花
    0
      お二人のお客様から、ブログ掲載のご了解をいただきました。


      ガラスのテーブルに和紙貼りのしき板、傍には幸・福こめた華



      柳色のしき板にガラスの花器・花が似合う、家族が集う



      玄関開けるとウコン色/萌黄色の両面のしき板、我が家で咲いた薔薇彩り

      ひなかざり  和紙貼りのしき板と八角箱
      0
        ひなかざり
         一欅庵(いっきょあん) 東京都杉並区
          昭和八年に宮大工によって建てられた二階建ての洋間付き和風住宅。 (登録有形文化財)










        洗朱のしき板と八角箱。 出雲民芸紙(手漉き和紙)染紙


        友禅02の八角箱大

        緑青色の八角箱にアスターやダリアを生けて
        0

          緑青色のしき板、同色の八角箱のなかに水を半分ぐらい入れ、白やローズピンクのアスターと黄色のダリアをいけました。

          花を飾っている手づくりの和紙貼りのカウンター兼食器入れは台所と居間を共有するとても大切な生活用具です。日常繰り返される食の営み、団欒、趣味活動など、日中、居間と台所にいることが多くなり、カウンター兼食器入れの存在価値が大きくなりました。  わみんぐ(和民具)> 暮らしを創る


          暑い毎日、雨、夜になるとこおろぎや鈴虫の鳴き声、お月様がとても美しい・・・、八角箱のそばの楽焼の器にお香をたき、ご冥福を祈り被害を受けておられる多くの方たちに祈り・・・自分たちに出来ることをずっとし続けていきたい。




          あずき色(雲竜紙)の箱ベンチ
          0

            低めの長テーブルに座っての生活が馴染んでいましたが、だんだんと腰掛けられる椅子が楽だなと感じる年代になってきました。
            狭い居間を少しでもすっきりさせたくて、物入れ兼用の和紙貼りの箱ベンチを作ってくれました。

            居間の生活空間にどんな箱ベンチを彩るか、出雲民芸紙の雲竜紙を眺めながら、こげ茶や黒が多い生活用具に調和するあずき色を決めました。

            << | 2/2PAGES |

                    
            最新のエントリー
                    
            記事の検索
                    

            表示中の記事

            カテゴリー
            わみんぐショップ
                      
            色見本
                   
            過去のエントリー
            プロフィール