更紗染布と手漉き和紙の融合
0

    手描きの柿の一枝の更紗染の布、出雲民藝紙の洗朱の染紙を額縁マット紙にして合わせてみました。


    26年近く大切に使い込んだ手描きの更紗染の敷き布、額に飾って楽しもうと緑青色の雲竜紙を額縁マット紙にして敷き布の一部と合わせました。


    京都で買い求めた唐長の唐紙、緑青色の手漉きの雲竜紙と合わせて額に飾ってみました。



    江戸時代からの伝統の唐紙のシダ文様と上品な色合い、そして日本古来からの手漉き和紙。いずれも現代の暮らしを和やかにしてくれます。



            
    最新のエントリー
            
    記事の検索
            

    表示中の記事

    カテゴリー
    わみんぐショップ
              
    色見本
           
    過去のエントリー
    プロフィール