出雲民芸紙のしき板、雪の世界
0






    やさしい雪のような立体感のある文様は二枚の手すき和紙(出雲民芸紙)を組み合わせることで微妙な風合いを創り出しています。薄い灰色の三椏紙(みつまた)の上に、楮(こうぞ)の繊維をすきこんだ白い雲竜紙を重ね貼りし、その上から透明な塗料を幾重にも塗り研ぎしました。


            
    最新のエントリー
            
    記事の検索
            

    表示中の記事

    カテゴリー
    わみんぐショップ
              
    色見本
           
    過去のエントリー
    プロフィール